FC2ブログ

Article

        

フェイスブック独自通貨はビットコイン普及の起爆剤となるか

2019/ 06/ 17
                 
グローバルコインがビットコイン普及の起爆剤となる理由

フェイスブックが発行を予定しており、今週18日にホワイトペーパー公開が予定されている独自仮想通貨「グローバルコイン」。複数の法定通貨にペッグされることが想定されている中、「グローバルコイン」の登場はビットコインの普及を後押しする要因となると専門家らは指摘している。

そう主張する人物の1人には、ブロックチェーンファンドBlockchain CapitalのゼネラルパートナーであるSpencer Bogart氏がいる。同氏によれば、その主な理由として次の2つを挙げている。


・グローバルコインは法定通貨からデジタル資産への移行における摩擦を軽減する。それによってビットコインなどデジタル資産の取得ハードルは低下

・カストディやウォレットなどデジタル資産に関連したインフラ開発において、これまで消極的であった大手の金融機関や決済プロバイダーも、グローバルコインの影響力の大きさから活発化。その恩恵を他のデジタル資産を受けることに。




グローバルコインの登場によって、一般市民の仮想通貨への理解度が深まり、それが今後のインフラ普及に貢献すると想定。結果的にビットコインなどの仮想通貨がその恩恵を受けるというのがBogart氏の展望だ。

また大手ブロックチェーン企業Digital Currency Groupの創設者であるBarry Silbert氏もグローバルコインがビットコインの起爆剤になると予想。仮想通貨の普及が世界的なものになり、結果的にインターネットの普及に貢献した「ネットスケープナビゲータ」と同等の役割を担うと述べた。




フェイスブックの仮想通貨ローンチは、大量のグローバル消費者に向けたデジタル資産(ビットコインを含む)の推進において歴史的な起爆剤となる。


グローバルコインが逆にBTC需要を高める

ワイオミング州ブロックチェーン連合の共同設立者であるCaitlin Long氏はフェイスブック社のグローバルコインが結果的にビットコインの普及促進につながるとフォーブスに寄稿した記事で持論を展開した。Long氏によると、発表直後、フェイスブックの仮想通貨は対象国とされているインドなどの後進国において人気を集めると予想

しかしいずれフェイスブック社の独自通貨が有価証券に該当するかなど、仮想通貨の規制面での不明確性が浮き彫りになると指摘し、結果的に有価証券ではなくコモディティとして認知されているビットコインにユーザーが最終的に辿り着くだろうと述べている。


またビットコインがグローバルコインより優れているもう一つの理由として発行数の違いを挙げた。発行上限のないグローバルコインと上限のあるビットコインとでは、人々は富を保管する手段としてビットコインを選択するようになるというのが同氏の意見だ。

ビットコインは2100万BTCという発行通貨数の上限、そして1ブロック生成ごとに追加されるビットコインが一定量に定められていため、通貨の供給が決定されている。対照的に、ステーブルコインであるグローバルコインは通貨数がフェイスブック側の裁量で変動するため、価値の保存手段として優れていないため、ユーザーはいずれビットコインを選択するようになると予想している。

さらに上述の専門家と同様、グローバルコインによって世間の仮想通貨への理解度の向上が望める点も挙げており、仮想通貨ペトロの推進を試みた国家の運動が、かえってビットコイン人気に火をつけたベネズエラの事例も例として紹介した。

フェイスブックがビットコインの代替手段として開発した通貨が逆にビットコインを促進するだろうと展望している。

このように複数の業界専門家がグローバルコインの展開が長期的にはビットコインにとってポジティブな影響を及ぼすとみている。

フェイスブック社は今週18日(または6月中旬ごろ)に「グローバルコイン」のホワイトペーパーを公開することが報道されているため、同社の動向には注目しておきたいところだ。

CoinPost





関連記事
スポンサーサイト