FC2ブログ

Article

        

ビットコインの長期トレンド指標がプラスに転換 仮想通貨市場観測

2019/ 04/ 20
                 

ビットコインの長期トレンド指標が転換


ビットコインのトレンドを見るテクニカル指標であるMACDが、2週間足でプラスに転じたことがわかった。

sahsna.png

2週間足のMACDが転換したのはバブル崩壊後の2018年2月以来で、中長期のトレンドにも転換の兆しが確認された。

MACDは移動平均線により精度を高めた指標として利用されるトレンド指標で、2本の移動平均線と2本線の距離を図るヒストグラムの構成で市場の方向性を示している。

2週間のMACDの転換であることから、プラス域への転換が直近の上昇水準に直結する動きに繋がるとは限らないが、他の金融資産と比較すると上昇と下落でトレンドが明確に見られるビットコイン価格推移において、中長期のトレンド指標は重要になる。

ビットコインの値動きで再現性が注目されている2014年のチャートを取りあげると、トレンド転換時のMACDが2週間でプラスに転じた時点(2015年6月)より上昇トレンドに移行していることが確認されている。

bsahbsha.png

その後の推移では2016年に75日移動平均線の水平0ライン(ヒストグラムの中間ライン)が意識され2番底をつけたのち、2018年の暴騰相場へ移行している。

2016年の損値ポイントを見ても、ビットコインの中長期トレンドで注目されてきた指標の一つであることが見えてくる。


BTC市場のアキュミュレーションも良シグナルか

またもう一つ仮想通貨市場において頻繁に着目されるのが市場のアキュミュレーション(Accumulation)だ。

これは一般的に市場が停滞していて、多くの投資家が失望した売り方から再び買い集めている時期を指す用語で、強気相場の最初の局面とされている。

仮想通貨市場は今月2日にビットコイン価格が5000ドルを突破した際に投資家から2017年を彷彿させる20%の上昇を記録した。1時間足らずでBTC価格が急騰したことなど、市場からは上昇相場へのトレンド転換が注目されたタイミングでもある。

このアキュミレーションについて、仮想通貨ファンドに務めるJosh Rager氏は、ビットコインのアキュミュレーション期間がまだ短いと冷静に分析している。トレンド転換を明確に見るにはまだ早いとする見方だ。

Rager氏が2015年の長期に及んだアキュミュレーション期間を引き合いに出して説明している内容を取りあげる。




2015年にビットコイン市場が買い集めの時期にあった際は216日の間、170ドルから300ドルのレンジを推移した後、11月以降450ドルまで上昇を見せた。

しかし4月2日に上昇した際は買い集めの時期がまだ半分の108日時点で起きたため、Rager氏はBTC価格が現在の横ばいの動きが7月19日頃まで続くと踏んでいる。

このアキュミレーションの状況から見た相場停滞は、上述したMACDが2015年に転換したタイミングでも見られていた動きである。要するにトレンド指標の転換が見られたあとも、一時的には本格的な上昇タームに入る前の停滞時期があったことを意味している。

アキュミレーションとディストリビューションは、鋭い選球眼をもつヘッジファンドや投資銀行などの大口トレーダーの戦略をみるトレード手法だが、市場への参加者が異なりつつある今より注目したい動きとなるだろう。

米仮想通貨投資ファンドのAdamant Capital社のTuur Demeester氏も同様に「ビットコインがアキュミュレーションの真っ只中」とするレポートを公開。市場分析家の中で注目度が高まっている。





CoinPost

関連記事
スポンサーサイト