FC2ブログ

Article

        

南米ブラジルの通貨不安で「ビットコインへの資金流入」が急加速か、24Hで米ドルを超える|仮想通貨市況

2019/ 04/ 17
                 
ブラジルの通貨不安で資金流入

南米最大の経済、ブラジルの仮想通貨取引所では4月10日において、10万BTCが取引されていたことが、仮想通貨データ追跡サイト「Cointrader Monitor」によって明らかにされた。

この取引量の急増は、当時の価格上昇と同時に起きたが、価格の上昇がビットコインの取引増加の唯一の要因でなく、同国の中央銀行によると2月のGDPは前月比減少したことを踏まえた地元の有力紙Rio Timesはそれがビットコインの需要を後押しした原因の一つとしている。

マドゥロ政権が独裁姿勢を強め、深刻な経済危機にある南米ベネズエラでは仮想通貨需要が急増している。国境を接する南米のブラジルでも、自国通貨レアルの通貨不安などからビットコイン需要が増加しているという。

レアルの避難通貨とのしての側面のほか、食料、安全、仕事を求めて隣国に押し寄せるベネズエラ難民によるビットコイン送金需要とする見方もある。2017年以降、5万8000人を超えるベネズエラ人がブラジルに定住したほか、ベネズエラ人口の1割に近い230万人にのぼるとの情報もあり、国境問題で揺れている。

一部トラッキングの参考指標になるが、coinlibで24時間取引高を確認すると、ブラジリアン・レアルからビットコインの資金流入規模は、米ドルの(360億ドル)を上回る「4.75億ドル(530億円相当)」に上ることがわかる。このデータを直近数年間では類を見ない。

37.png



メキシコでもBTC取引高が急増

なお、データサイトCoinDanceのレポートによると、同じく南米のメキシコでもビットコインの取引高の急増が見られている。

大手P2P取引所Localbitcoinsのデータによると、特にメキシコは、先週(4月13日まで)において、1週間のビットコイン取引高が数千万ペソに上り、前週比で急上昇している。

上昇の背景には、米政府との外交政策が不安定な状況となったことにある。

米大統領は先日、国境の壁政策と違法入国者を巡る問題に対し、「メキシコからの送金決済チャネルを封鎖する手段をとることも辞さない」と発したことで、送金手段となるビットコインのような仮想通貨が利用されていたと見られる。

経済・外交政策の面で影響を受けている南米のメキシコやブラジル、またはベネズエラのような国におけるビットコイン取引高および需要は、全体取引高を大幅に引き上げていることが考えられる。

CoinPost




最近の落ちてもすぐ湧いてい来る買いはこういう実需買いの下支えがあったからでしょうかね。

ドルを抜く資金流入とは最早相場を動かすメインプレイヤーですね。

米中も再び金融緩和を匂わせておりリスクオンの流れになりつつああります。

今年は上向きかも知れませんね。(投資は自己判断で)



関連記事
スポンサーサイト