FC2ブログ

Article

        

仮想通貨取引プラットフォームAbraが、主要10通貨に一律投資可能なインデックス商品の提供開始 最低5ドルから投資可能に

2018/ 10/ 06
                 
Abraがインデックスをローンチ

仮想通貨のウォレットや取引プラットフォームとして機能するAbra社は、今週一般投資家向けにスマホから投資が可能になるインデックスのローンチを発表した。

Bitwiseと提携して発表されたインデックスは、BIT10仮想通貨インデックスをベースにしており、仮想通貨市場の85%を占める主要10通貨に対して一律で投資できる。

現在(5日17時)公表されている組成比率は以下の通り。 最新の内容はこちら から確認できる。

Bitcoin 61.19%

XRP 11.94%

Ethereum 11.47%

Bitcoin Cash 4.95%

EOS 2.84%

Stellar 2.49%

Litecoin 2.12%

Dash 1.07%

Monero 1.03%

Zcash .89%


BIT10は、時価総額の比重に応じてビットコイン、イーサリアム、リップルやイオスの価格変動を併せるデリバティブ商品だ。





ローンチページによると、Bitwiseがインデックスの管理を担当しており、毎月インデックスの調整を行う予定だ。

BIT10の購入には、取引頻度の制限や取引手数料などはないが、最低5ドルの最低投資が必要となる。

Abraに似た仮想通貨投資商品では、BIT10インデックスが現物に影響されない商品を提供している。

しかし今回Abraが提供するような商品の利点としては、難解な投資法を回避しながら、投資機会を一般投資家に提供できる点だ。

元グーグルのプロダクトディレクターだったSteve Lee氏は、ビットコイン投資に懐疑的なフォロワーに対して、このようにツイートしている。




もし0.28BTCを購入して保有し続けたら、(総発行量の観点から)世界人口の1%以上があなたよりビットコインを保有することは絶対に起こり得ない。今、たった20万円を投資するだけで来たるビットコインの世界で、あなたは人口の1%に入ることができる。

SBI Ripple Asiaも、リップルDTLベースの支払いアプリ「マネータップ」をリリースしている。

コインベースは、機関投資家向けには6月に2500万円からの投資を対象に、インデックスを一般投資家向けには先週末に5つの仮想通貨をまとめたバスケット取引を発表した。

なお、コインベースの商品名は「コインベース・バンドル」で、25ドルからアメリカや欧州で購入可能になる。

今後、機関投資家の市場参入だけではなく、一般投資家をどのように仮想通貨業界に招くかもカギとなりそうだ。


CoinPost


関連記事
スポンサーサイト