FC2ブログ

Article

        

SBI Ripple Asia:リップルDLTベースの支払いアプリ『マネータップ』一般サービス開始 24時間365日送金が可能1日10万円までの送金は手数料無料

2018/ 10/ 04
                 
『マネータップ』一般サービス開始

SBIホールディングス、及び「SBI Ripple Asia」は、仮想通貨リップル(XRP)の分散型元帳技術を搭載した、スマートフォンのiOSとAndroid用の支払いアプリケーション『マネータップ(MoneyTap)』を10月4日からサービス開始。「App Store」ならびに「Google Play」にてダウンロード可能にした







分散台帳技術(DLT)とは

Distributed Ledger Technologyの略。

ブロックチェーンの機能を派生し、共有台帳という特徴のみを抽出して一般化した概念であり、ブロックチェーンは分散型台帳の一種に区分される。



『マネータップ(MoneyTap)』は、分散台帳技術(DLT)を活用し、国内と外国の為替を一元的に扱う次世代金融基盤「RCクラウド2.0」に接続されるもので、野村総合研究所の協力で開発されており、今まで通り銀行口座番号による送金のほか、携帯電話番号に紐づけた送金や、「QR コード」を用いた送金機能も持ち合わせているアプリとなる。

銀行口座から銀行口座へ、接続している銀行であれば自行内・他行あてを問わず、24時間365日いつでも直接送金が可能な日本初のアプリケーションとなる。

また、送金先の指定については、銀行口座番号の他に、携帯電話番号や QRコードを用いた送金機能も持ち合わせており、指紋等の生体認証と組み合わせることで、ユーザーエクスペリエンス(UX)とセキュリティの両立を図っている。

SnapCrab_NoName_2018-10-4_17-9-16_No-00.png


【Money Tap(マネータップ)の公式サイト】

少額送金が無料に

現金でのやり取りが主体を占める少額送金についても、キャッシュレス化を促進するため、

Money Tapアプリのダウンロードや登録は無料であり、送金ごとにあたっての手数料は各銀行が 個別に設定するが、住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の3 銀行は、Money Tap が可能とする1回3万円、1日10万円までの送金については、自行内・他行あてを問わず、送金手数料を無料としている。

今秋、邦銀61行にアプリを提供予定

SBIリップル・アジアは以前、SBIネット住信銀行、スルガ銀行、りそな銀行の3社が先行商用化として運用を開始しており、夏以降の一般公開を目指していた。

正式ローンチ後に、「内外為替一元化コンソーシアム」に加盟する、三菱東京UFJ銀行、みずほフィナンシャルグループ、三井住友銀行といった日本を代表するメガバンクを始めとする「邦銀61行」にアプリが提供される予定だ。

また、同じく「Ripple Payment」を発表しているスペイン最大の商業銀行グループ「サンタンデール銀行」でもティザーサイトを公開しており、スペイン、英国、ブラジル、ポーランドの銀行の消費者の間で、国境を越えた外国為替サービスを今年4月に開始している。

参考記事:SBI to Roll Out Ripple DLT-Based Payments App on iOS, Android


CoinPost
DooMZhoVAAE_JiA.jpg




関連記事
スポンサーサイト