FC2ブログ

Article

        

仮想通貨技術で国際送金=三菱UFJ、三菱商事など実証実験

2018/ 05/ 14
                 
 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と三菱商事が、分散型台帳と呼ばれる仮想通貨の関連技術を活用した国際送金の実証実験を月内にも始めることが14日、分かった。送金時間の短縮やコスト削減が狙いで、英金融大手のスタンダード・チャータードも参加する。数年内の実用化を目指す。

 実験では、タイからシンガポールにシンガポール・ドルを送金する計画。具体的には、タイの三菱商事子会社がMUFG傘下にある現地のアユタヤ銀行に保有する口座から、三菱商事関連会社がスタンダード・チャータードのシンガポール拠点に設けた口座に送金する。

 現在の国際送金では、各国の金融機関が参加する国際銀行間通信協会(SWIFT)のネットワークを使用。複数の銀行を経由する場合が多く、手数料がかさむ上、送金に数日かかるのが一般的だ。

 これに対し、実証実験に使う分散型台帳技術は米リップル社が開発したもので、データ改ざんなどの不正が起きにくいとされる。送金を一括管理する大掛かりなシステムが必要ないため、送金手数料は通常の国際送金より割安になり、送金時間も数分と大幅な短縮が見込まれる。 

時事通信
関連記事
スポンサーサイト